男性と女性

地盤調査をしっかり行なって安全な家にビルドアップしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康被害を出さない

模型

土壌汚染調査を専門の機関に依頼することで、その土地がどのように使われてきたのかを知ることができます。安全が確認できれば、住宅を始めとする不動産の価値も上がっていきます。

もっと読む

依頼する

工事

その土地に住宅などの建築物を建設する場合、どの時点で地質調査を依頼するのかというと、契約の後に行なうことが多いです。問題が見つかった場合は改良のための工事をすることになります。

もっと読む

点検費用の内訳

作業員

防火や消防のための計画は建物の所有者に義務付けられています。義務付けられている点検の一つである、防火対象物点検は専門の業者に依頼するのですが、その内訳を確認しましょう。

もっと読む

地下水位の確認

工事現場

一戸建てを購入する際には、住宅の設計などだけではなく土地の安全性も確認する必要があります。マンションならマンションの建設会社が建設する前にしっかりと確認していますので、あまり心配はいらないでしょう。しかし、一戸建ては自分で土地を購入し、そこに住宅を建設していくことになります。そのため、調査に関しても自己責任で確認をとらなければいけません。地盤調査や地質調査をしなければ安心して住める土地であるかどうかはわかりません。一戸建てを建設する人ですぐに引越しをするという人はあまりおらず、大抵の人はそこに長く住み続けることを考えます。それなのに土地を建設してからすぐに健康上の問題が出たり、土地が原因で建物に不具合が出てきたりすればとてももったいないことです。

地盤調査や地質調査は自分で行なうことはもちろんできませんので、専門の会社に依頼をしましょう。地盤調査では何を調べるのかというと、地盤に支持力があるかどうかです。支持力があれば、住宅を建設しても崩れる心配はないですし、特別な工法をお金をかけて施工することもありません。地盤調査ではそのほかにも、地下水位がどうなっているのか、液状化層が存在するのかも確認してくれます。地震の際に液状化層があることによって、建物が傾いてしまったりすることもあったので、これは必ず確認したいところです。そして最も重要視されているのが地下水位だといえます。地下水が減ることで地盤沈下することも予想されますので、それを起こさないための対策を立てる必要があります。