健康被害を出さない|地盤調査をしっかり行なって安全な家にビルドアップしよう
男性

地盤調査をしっかり行なって安全な家にビルドアップしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康被害を出さない

模型

その土地に安全に住んでいくためには、周囲の住民や企業が環境のことを考えながら利用していく必要があります。飲料水として地下水を使用している土地もありますし、地下から湧き出る水を井戸水として使い、農業用水として使っている場合もあります。その場合は健康被害や農作物に与える被害が増大してしまうのです。工場やその土地の住民には、土壌汚染調査が義務付けられる場合がありますので、その方法やどこへ依頼するのかも確認しましょう。住宅用に土地を購入する予定、または所有している人なら、大事な財産となりますので、リスクヘッジのためにも土壌汚染調査をする必要があります。こういった調査をする理由は、もし汚染されていてもこの問題は顕在化しにくいことにあります。有害物質は人が食べて健康被害が出て初めて明らかになる場合が多く、そうなってしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないのです。問題が顕在化すると不動産の価値も落ちてしまうので、できれば建設前に調査はしておきたいものです。

環境保全を行なうことで、土地の価値は向上しますし、企業なら周辺住民や取引先からの信用も上がっていきます。一人ではもちろんできないことなので、専門の会社に依頼しますが、そこでは以下の流れで調査を行なうことになります。土壌汚染調査の流れとしては、まずは資料を調査することから始まります。その土地がどのように運用されてきたのかは、土地の利用履歴を調べることによって分かります。有害物質が今まで検出されたかどうかも、履歴を調べれば分かるのです。そして大まかな調査をし、詳細な土壌汚染調査をしていくことになります。